自動車のオーナーというものは、使用していなくても維持費

自動車のオーナーというものは、使用していなくても維持費がかかってきます。車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、更に任意の自動車保険費用もかかります。

 

更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、別に駐車場代金も必要になってくるのです。自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかという見方で考えてみれば、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。

車を売却する場合、高く売れる時期やタイミングを逃さずに十分気を付けることが大切です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算のあたりは車を高く売却できます。

 

そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。こういったタイミングで、車を高価格で売るには、時期を見定める必要もあるのです。

 

 

 

本来ならば車を売るときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

 

 

しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

 

いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

 

 

 

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。

 

その時、できるだけ高く売りたいと思ったので、金額を比較したかったので、いくつかの業者に査定をしてもらうようにし、それらの中から、一番高く査定額を出してきた一社に車を売ることに決めました。スタッドレスタイヤに付け替えていましたが、元々の値段が結構しますから少しは高い値段がつくのではないかと思ったのですが、そんなことは全くなく、値段の違いは殆どありませんでした。新品でもないし、それ程良い状態のものではなかったようで、売却はできませんでしたが、自分で処分するとなると費用がかかりますし、無料で引き取ってもらえて良かったです。

 

 

それはともかく、もしスタッドレスタイヤの程度が良いものだった場合はタイヤとして、それだけを車と別に売却した方が、いい値段がつくそうです。

 

子供が生まれたので今の車を乗り換えて、ミニバンにする予定です。

そんな訳で購入資金に充てるため、所有者が妻のムーブを査定してもらう予定だったのですが、その車が10年以上も前に買ったものでしたから、実際値段がつくのかどうか気がかりでした。

 

ですが、一括で査定を依頼できる一括査定サイトを利用することで複数業者に見積もりをお願いしました。

 

 

そして、出張査定をしていただいた結果、約20万円の査定額で買い取って頂けたので、喜んでいます。

 

車の売却査定では、スタッドレスタイヤがついているかどうかは、プラス査定にはならないようです。

状態が良いタイヤならタイヤショップやオークションで処分するほうが利益が出るということですね。

 

もっとも、雪が多い地域の場合はスタッドレスは不可欠なので、つけておいたほうがプラスになるかもしれません。

車買取業者による主な査定点は、走行距離、排気量、車の年式や、車検までの期間がポイントです。その他にもボディが傷付いていないか、車内が荒れていないか、という事にも注目するようです。見落としがちですが、新車種の発表後やモデルチェンジ前など、車の市場が大きく変わるタイミングも買取価格が上がります。こうした時期にいくつかの業者の査定を受けて比較検討することや、車内掃除や洗車などで出来るだけ綺麗にしておくと良いです。こうしたことが中古車の高額買取のコツです。車の価値を知りたいが名前を言いたくない場合は、相場が乗ったサイトで調べてみてはいかがでしょうか?実際の査定ではないので、きちんとした金額を知ることはできませんが、同じ車種についての買取相場が把握できます。

 

もうひとつ、スマートフォンであれば、個人情報を入力しない車査定アプリを選ぶという方法はいかがでしょうか。

 

 

 

業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも必ずしておくことといえば、当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

 

 

 

不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。そして契約書は判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして値段、手数料といった金額に関連した文言はかなり注意して読まなければいけません。

 

口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。急かす業者は論外です。

 

車の査定時、どうせならなるべくいい値段で車を手放したいところです。そこで役に立つ方法があります。

 

一つの例を紹介します。

最初にいくつかの業者をあたり、見積もりだけもらってくるようにします。

価格に関しての交渉はまだしないでおきます。

 

 

そしてそれらの中から一番高い金額を目安として価格交渉をしてみます。

話がいい具合に進むと、一番高い査定額から、さらに上乗せされた金額を引き出せるかもしれません。でも、これを繰り返すと、車を売る気がないのだろうと間違って判断される恐れがありますので、その点も少し気を付けましょう。

 

さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に洗車を念入りにし、車内もきれいに掃除しておきましょう。業者の査定員だってあくまでも人間ですし、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。

 

そもそも車が汚れていては、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、そのため安く査定されてしまうかもしれません。

 

 

 

それと車を洗う際、洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。車を友達や知人に買ってもらう場合、知っている人だからという安易な考えは危険です。手続きがきちんと済んでいなければ、お金を無駄に使うことにもなりかねません。

 

後から大きな問題とならないように名義変更などの大切な手続きは漏れのないように終わらせておきましょう。

 

どの車種なのか、そして時期によっても違ってきますが、外車では、買取業者に買い取ってもらおうとすると納得のいかない査定額になることがままあります。

 

 

外車を買取に出すときには、外車を専門に買い取っているような会社、あるいは外車の買取を熱心に行っているような業者に査定してもらいましょう。

 

さらに、大事なのは、買取業者数社に査定してもらうことです。

 

車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。

 

 

もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側に非があると言えるのですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。中古車の下取り価格は走行した距離よってだいぶ開きが出てきます。例えば、10万km超えの車では買取下取り価格に期待は持てません。だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば下取り価格が高くなるかと思われます。

 

実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断となるわけなのです。

 


About おバカな壁